記事一覧

前髪から似合わせたい! 顔型別・バングスの選び方

まず、前髪はメンテナンスが必要ということを覚えておこう。常にフレッシュに見えるように、月に1度はサロンに行ってバングスを整えて。

つぎに、自宅でもバングスのケアを行うこと。例えば、シャワーから出た後はすぐにブローをすべき。自然乾燥してしまうとクセが出たりもつれを起こしたりしてしまうからだ。乾かすときは根元からドライヤーをあてること。そうすれば、バングスがハネたり浮いたりすることなくナチュラルな毛流れを作ることができる。

最後に、フラットな大きめのパドルブラシを使いながら、ヘアドライヤーで前髪を整えよう。多くの女性はロールブラシで髪の毛の根元から持ち上げながら丸めるといった方法をとりがち。これは不自然かつ今の時代にはマッチしないので避けるのがベターだ。
「丸顔の女性にストレートバングスはあまりおすすめしないよ。 頬骨の膨らみをより強調してしまうからなんだ」と、ジョーイはアドバイス。

「その代わり、両サイドが長いフリンジバングスにすると顔のフォルムとマッチ。前髪にエッジを作ることで、面長な顔になるようカモフラージュできるよ」